ネパール人、カマル氏

さて、今日もネパールの友人のお話である。

昨日、ネパール人カマル氏から電話が来た。

プリンタが使えなくなった、というのだ。

ん?

あ、そりゃそうだ。

実はかれこれ1月ほど前、いろいろ事情があって、彼のPCを思い切ってリカバリした。

そのときは最低限、使える状態までにしておき、
「後はまた来てやるから、そのときおいおい設定してやるよ」
と言い残し、帰った。

そのまま、ほったからしにしていた(爆)

プリンタが使えるワケがない。

だってドライバ入れてないもん(笑)

仕方がなく、夜、彼の自宅へ。うちから徒歩15分。

「行ってやるから、ネパール飯食わせろ」
これがいつも僕が彼の家へ出張サービスする代償である。

彼が自分でドライバをインストールしてみたのだが、ヘンなメッセージが出て、うまくいかないという。
以前は友達にインストールしてもらったのだとか…

で、プリンタに添付のドライバを見ると、「Windows2000/XP専用」とある。

彼のPCはVista。
これじゃ無理に決まってる。

プリンタのメーカーのサイトにアクセスしてドライバをDLし、インストール。
一丁あがり。

ご褒美のネパール飯にありつく。
画像

彼の作るチキンタルカリはうまい。
奥さん自家製のアチャール(ネパール風大根の漬物)も美味。

すると、こやつ、だんだん調子に乗って、
「PCからFAXも使いたいんです」
「はいはい」
「PC立ち上げると、「アップデートディスクが入ってません」っていうエラーが毎回出るんです」
「はいはい」
「ネパール語の入力が出来なくなっちゃったんです」
「はいはい…(@@)」
「iPhoneで撮った写真をPCに入れたいんです…」
「はいはい…知るかそんなの!自分でやれ。」

結局11時になってしまった…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック