人生初のギックリ腰ww ガラケーな私の身体!?

先日の日曜の朝、45歳にしてついに人生初のギックリ腰を体験してしまった。

前日の朝からどうも腰が痛いとは思っていた。
思い当たる原因がみつからない。

今にして思うと、前の日の金曜日の晩。
知人とカウンターで長時間食事をしていた。

行きつけのインド料理の店なのだが、カウンターのみの狭い店で、しかも僕が座った席には、店の荷物が足元に置いてあって、自分の座りの良いように、思い通りに丸椅子を動かせず、ちょっと無理な体勢で、横向きに知人と話をしていたのだ。
よく行く店ではあるが、長時間いたことはなく、どうもそれでちょっと腰に無理がかかったようだ。

翌日の土曜日も一日中外出で立ちっぱなし。
よく朝はけっこう腰が辛かった。

そしていつものようにお風呂掃除をしていたとき…

ギクン!!っと激しい痛みとともに、一瞬腰が抜け落ちた感じで、へなへなとなった。

「やった!」と思った。

最初の2日間はほとんど痛くて動けなかった。
火曜日に死に物狂いで近くの整形外科へいったものの、「ギックリ腰ですね」
とわかりきったことを言われ、対象の湿布をもらっただけ。

水曜日にはいくらか良くなり、この日はどうしてもクライアントとの打ち合わせがあったため、オヤジが昔使っていたコルセットをギッチギチに極め、外出。

そして、だいぶ体が動けるようになった今日、整骨院へ行ってきました。
体の等高線で歪みが一目瞭然な写真を撮ってもらい、診てもらいました。

先生曰く、私の背中はガッチガチに固まっていて、そのため普通の人なら体を曲げるとき、背中全体がしなやかに曲がるところ、まるで二つ折のケータイのように腰だけで折れ曲がった状態になり、そのため長年腰に負担がかかっていて、ついに悲鳴をあげた、というのが真相だそうです。

今後は背中を柔らかくする治療を続けましょうとのこと。

鍼治療は保険外なのでイタイ出費だが、まぁしかたがないか…

今週の日曜日には、仲間と高尾山に行く予定でした。
私はこれをとても楽しみにしていて、靴も、登山用のスティックも、そしてリュックまで新調していたのに…
残念ながら、これは断念しました。

はぁ…

この記事へのコメント

ひらりん
2012年11月17日 02:52
夜中、ホームのベンチに座って電車を待っていて、電車に乗ろうと立ち上がろうとした瞬間、ぎっくり腰で立ち上がれず、そのまま一晩駅のベンチで過ごしたという人を知ってます。ご注意を。

この記事へのトラックバック